膝痛を自力で治すことを考えている方は当サイトへご相談ください。

TOP » 膝痛を自力で治す関連ページ » 膝痛を自力で治す

初孫.com

膝痛を自力で治す

膝痛を自力で治すにはコツがあります。そのコツとヒザ痛を治すポイントを教えています。

膝痛は「ケガ(外傷)」によるものと、スポーツのしすぎで、ひざに繰り返し負担をかけたために起こる「疲労」の2つに大きく分けられます。

この2つを区別するためには、「いつ」「どこで」「どのようにして」その痛みが始まったのか、そしてどのようなときに痛みが繰り返されるのかといった情報が大事になります。

スポーツの最中に突然激しい痛みが起きた場合には、まずケガが考えられます。

スポーツ以外にも何かの拍子にひざを捻って、その直後から痛みが始まった場合も同様です。疲労による場合は、痛みが除々に始まるという特徴があります。

運動をしている最中ではなく、終わってから除々に痛みだしたり、旅行先の観光名所で階段を上っているときではなく、そのあとにひと休みしている時など、スポーツや旅行のあとに痛みが始まったということが案外多いものです。

その他には加齢による「変形性膝関節症」があります。この病気はスポーツや階段の上り下り、長距離を歩くなどの機械的な負荷を受けることで、関節軟骨がすり減り、そのとき生じた物質が刺激となってひざに炎症が起きる病気です。

また関節液がたまりやすく、少し時間をおいてからひざが腫れたり、特にひざの内側が痛み出すことが多いのも特徴です。

とくにひざに負担がかかりやすいのは、スポーツではジャンプやストップ、サイドステップ(足を横に踏み出すこと)、ジグザグに走ることなどのひざを捻る動作です。

また、走る競技では特にひざに負担をかけることになります、代表的なのが陸上競技です。短距離走、長距離走、ハードル走など、その他にはサッカー、野球、バスケットボールなど、陸上で行われ、走るという動作が必要な競技には必ずと言っていいほど、ひざに大きな負担をかけることになります。

その中で一番負担を掛ける競技と言えば、やはり長距離走、「マラソン」です。マラソンは他の競技に比べ、常に走り続けているため、ひざには常に負担をかけ続けることになります。歩いている時に比べ、走っているときにかかる膝への負担は3倍~4倍とも言われています。

そしてこの負担を軽減し、膝痛を自力で治すことができるのが、当サイトでお薦めしている「膝サポート走法プログラム」です。このプログラムはバルセロナオリンピックに出場した、渡邉高博先生が開発されたものです。

このプログラムを実践すると、膝痛を自力で治すことができるようになるだけでなく、正しいフォームで走ることができるようになりますので、ひざへの負担を何倍も軽くすることができる画期的なプログラムです。

もしあなたが、スポーツなどによって膝痛の経験があるのであれば、このプログラムを一度実践することをお薦め致します。詳細は下記より確認することができますので、興味のある方は一度ご覧になってみてください。