膝サポート走法プログラムをご紹介しています。

TOP » 膝痛を自力で治す関連ページ » 膝サポート走法プログラム

初孫.com

膝サポート走法プログラムについて


膝サポート走法はマッサージや整体、カイロプラクティックなどに頼らず、膝を痛めることなくフルマラソンやジョギングなどを快適に走るためのトレーニング方法です。

もしあなたが、フルマラソンやジョギング、ウォ―キングなどを長時間続けると膝の痛みで走りれない、歩けない、と悩んでいるのであれば、当サイトでは「膝サポート走法」をお薦め致します。

その理由は実績があるからです。膝サポート走法はオリンピック選手や実業団の選手、また箱根駅伝に毎年出場している早稲田大学の選手達が取り入れている走法です。

渡邉高博先生はバルセロナ五輪400m代表、日本陸上競技連盟強化コーチ、日本陸連短距離強化委員、早稲田大学競走部コーチなどを務められています。

また、現役時代では1988年、インターハイ400mで46秒37の日本高校生記録を樹立し、1990年、全日本選手権400m優勝している選手でもありました。


「でも、、、本当に膝の痛みを気にすることなく長距離を走ることができようになるの・・・?」

渡邉先生はこうおっしゃっています。

“この方法は実際に私が指導してきた選手に試してもらい、ほぼ全員の膝痛の悩みを解決させることができました。膝痛のメカニズムは、実は非常に単純です。「膝サポート走法」を実践すれば膝の痛みを気にすることなく何キロでも走ることが出来るようになります。”

もし、あなたがどんなトレーニングをしても、どんなに膝をケアしてもある一定の距離を超えると膝の痛みが出てしまうと悩んでいるのであれば、今すぐ「膝サポート走法」を実践されてみてください。この膝サポート走法があなたの膝の痛みを完治させる第一歩になるはずです。