真多呂人形の兜飾りについてお話しています。

真多呂人形の兜飾りについて

真多呂人形の兜飾りはごく細部にまでこだわった本格的なタイプです。制作者は甲冑師・二代目加藤一冑です。日光東照宮の千人武者行列の甲冑修理や愛媛県の大山祗神社所蔵の源義経着用の赤糸威鎧の再現を手掛けた卓越した技を持ち、数多くの模写や修理を手がけています。

兜は工芸品としての美しさを持ち、重厚な兜がたくさんのラインアップから選ぶことができます。兜といえばかぶることなくそのまま飾る方法がごく一般的になりますが、四分の一兜飾りなどもあり、コンパクトに飾れ、収納もそのまま便利にまとめて収納できるようになっています。

つまり飾り台が収納台を兼ねていて飾る場所も色々アレンジできます。柔軟性があり、色褪せもせずに意匠の美しさがそのまま長く楽しめる逸品です。四分の一兜飾りにも豪華なセット、道具がついています。

吹返、鍬形台、金小札、矢羽、弓(弦巻)、矢尻、太刀、鞘、刃、台屏風、収納式台、これら全てが付属し、金小札はやはりもっとも豪華で輝きを放っています。弓に巻かれるのは本物の籐です。

また飾り台が収納代を兼ねた作りで、全ての道具がこの中に収まります。付属の箱がありますので、小道具類と兜を収納してから台の中に収納することになります。

その他、家紋を入れるサービスは別料金がかかりますが受付は可能です。お手入れセットもついてかなり本格的な品です。贈答品にももちろん喜ばれますし、自分で購入して飾る方ももちろん多いようです。