真多呂人形の鎧飾りは質実剛健です。

真多呂人形の鎧飾りについて

五月人形といえば剛健な鎧飾りを飾る方も多いと思います。真多呂人形の鎧飾りはまさに質実剛健、江戸甲冑の逸品を楽しむことができます。

製作者の加藤一冑は日光東照宮の千人武者行列の甲冑修理を担当し、他にも大山祗神社所蔵の源義経着用の赤糸威を再現したり、卓越した技でたくさんの模写・修理を手掛けています。

真多呂人形ではたくさんの鎧飾りを用意しています。重厚な雰囲気で美しく、飽きずに楽しむことができる逸品です。飾りやすい四分の一サイズのものも人気が高いようです。

緋糸鎧飾りセットのシンプルな緋糸威は常に新鮮で、燃えるような緋威、鮮やかな鎧飾り、鎧形については鎌倉時代から少し前の平安時代後期に源義家の兜にも使用されたと言われる、長鍬形がモチーフになっています。パッと見てすぐに惹かれるような長鍬形は兜の中でも定番です。

また道具の中でも弓は本物の籐を使用した滋籐と呼ばれるもので、太刀は柄に鳥首を装飾し、鞘は金色の金覆輪太刀というタイプです。細部にまで意匠をこらした逸品です。

鎧兜、弓、太刀、屏風、飾り台、作札がついて、さらに手入れ用道具として毛バタキ、手袋、クロス、防虫剤がサービスで付いてきます。またこれだけ揃って間口が75cm、奥行が43cmとコンパクトなのもやはり魅力的です。

他にも三分の一八竜鎧飾りや四分の一紫裾濃鎧飾りセット、三分の一篭手脛当付鎧飾りセットなどが揃っていて、ネットでも詳細画像がチェックできます。